AGAと男性ホルモンとミノキシジルとプロペシアと発毛と抜け毛と効果と実証

男性ホルモンが原因となって引き起こるのが、AGAの男性には深刻な悩みとなる脱毛症の症状です。現代は国内に多くの髪の悩み相談ができる、専門の医療機関が存在をしています。素人考えの自己判断ではなく、専門医のいる病院で薄毛と向き合って、前向き日曜をしていくことができます。使われる医薬品の実証もされている種類としては、メジャーな成分は2種類があります。

フィナステリドをメインの有効成分としているのは、プロペシアのお薬です。5αリダクターゼの還元酵素を、フィナステリドにより働きを邪魔することができます。5αリダクターゼはテストステロンと結合しやすいですが、フィナステリドによりその働きが弱くなります。結び付きが弱くなるために、結合ができないまま抜け毛の大きな原因となるジヒドロテストステロン生成はセーブされることとなります。

ジヒドロテストステロンの増加が行われず、少なくなっていくことで、頭皮には良い環境を招くことになります。毛乳頭細胞は邪魔をされることがなくなるために、毛髪を心置きなく作り出すことに専念ができます。こうした流れで、頭皮からは丈夫な髪の毛が生えやすくなり、毛髪も再び顔をのぞかせるようになります。

日本で既に臨床試験が行われていて、プロペシアを試験では1年間続けてもらった結果も出ています。その結果として1年では、70%の男性に発毛作用があったことが分かっています。そのまま継続をして3年間継続的なケアをしたところ、数字は80%にまで跳ね上がり、発毛への効果を実績として証拠付ける事となりました。

プロペシアは男性型脱毛症改善への働きが認められている医薬品であり、手軽にドラッグストアで購入できるお薬ではありません。日本で入手をするとなれば、専門クリニックなどを受診して、ドクターからの診察を受ける必要があります。ドクターからの処方箋がないことには、日本国内では手に入れることはできません。利用には詳しい説明も必要ですので、正しいルートで病院処方をしてもらうのが安心です。

ミノキシジルも男性のAGA治療には、よく使われる種類のお薬です。フィナステリドははじめから薄毛治療用に開発をされたものではなく、前立腺肥大の治療薬として誕生をしえいます。しかし前立腺肥大治療で服用をした患者の副作用として、毛髪への成長が確認されました。ここから髪の毛のためにも役立つとして研究が重ねられて、男性型脱毛症の治療薬として正式にアメリカにおいて発売をされたのです。

日本国内におきましても正式に許可を受けたために、日本での発毛治療薬として役立つことになったのです。日本でのミノシキジルのお薬は、内服タイプと外用タイプがありますので、専門医の指示により使うことができます。内服タイプはアメリカ食品医薬品局による許可も得ていますし、頭皮への効果も発揮する確率が高いと定評があります。高濃度である外用のミノキシジルは、説明を受けて知識を持ち利用をします。
大阪以外の人も見るべきAGA関連のおすすめサイト→AGA大阪|あなたに最適な大阪のAGAクリニックが見つかるサイト